和食

玄米を食べて綺麗に痩せよう|女性の間で話題の健康食品

免疫力をアップさせる

スムージー

免疫力をアップさせる

免疫力アップのためには、7つのことに気を付けると良いでしょう。まずは「腸内細菌を増やすことを考える」です。腸内細菌が増えると免疫力がアップし、病気になりにくい体が作られます。そのためには、食事や生活習慣に気を付けることが大事です。例えば生活習慣については適度な運動やストレッチ、また良く笑ったり周囲とのコミュニケーションを取ったりすることによって「ストレスをためない」ということ、そして規則正しい生活をこころがけることで肝臓をはじめとした内臓器官のリズムを整えてあげることが大切になってきます。内臓器官の働きのリズムが乱れることによっても、体調不良は引き起こされます。不規則な生活は、免疫力アップのためには大敵といえるでしょう。

食品に気を使おう

そのほか免疫力アップのためには、食事に気を使うことです。まず「ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を摂取すること」、そして「チーズや味噌、納豆などの発酵食品を摂取すること」が大切です。それらが腸内細菌の数を増やすため、免疫力アップのためには直接的に作用するのがそれらの食品を摂取することと言えるでしょう。また、「ごぼうやレンコンなどの野菜を多くとる」ことでオリゴ糖や食物繊維を摂取することができます。それらの栄養素は、腸内細菌が増殖するための餌となります。そして「食品添加物を多く摂取しない」ことも大切です。それらは腸内細菌の増殖を減らす働きがありますので、食べ過ぎに注意が必要です。最後に、「ストレスを溜めないこと」です。ストレスをためると、腸内環境が乱れます。強いストレス下においてはお腹が痛くなるのと同様です。そうしてセロトニンも減るため、精神バランスが崩れてしまいます。ストレスをためないような工夫が免疫力アップのためには必要不可欠なのです。